★マルガレッタが無料で貰えるチャンス!★


絶対に知っておきたい美容情報が満載!今すぐお友達登録してみてくださいね^^

▼マルガレッタ公式サイトはコチラ▼

全額返金保証付きです★



 

マルガレッタには副作用があるのでしょうか?

 

肌に毎日つけるものなので、気になりますよね。

 

そこで今回はマルガレッタの成分を細かく分析していき、副作用の心配がないかどうかを見ていきます。

 

マルガレッタ副作用は大丈夫?

 

マルガレッタで、副作用が出たという声は今のところありません。

 

しかし、ほとんどの人にとっては問題がない成分でもアレルギーを持っている人が使うと副作用が出る可能性があるので注意しなければなりません。

 

ではマルガレッタにはどのような成分が入っているのでしょうか?

 

こちらが全成分です。シミに効果がある有効成分のプラセンタとトラネキサム酸以外にも様々な成分が入っていることが分かります。

 

成分を見てみて、これまでアレルギーを起こしたものが入っていた場合は使用を避けましょう。

 

マルガレッタ全成分

プラセンタエキス、トラネキサム酸、水溶性コラーゲン、植物性スクワラン、ホホバ油、マカダミアナッツオイル、メドウフォーム油、NラウロイルLグルタミン酸ジ、オレンジ果皮油、ローズ油、イランイラン花油、ラベンダー油、ローズマリー油、ゼラニウム油、ダイソウエキス、カンゾウフラボノイド、オウゴンエキス、アルピニアカマツダイ種子エキス、メマツヨイグサ抽出液

 

 

肌に合うかどうかはどうやって確認したらいい?

 

マルガレッタが肌に合うかどうかを確認するには、パッチテストをオススメします。

 

パッチテストのやり方は、二の腕の内側にマルガレッタを塗って24時間置くことです。かゆみや赤みなどの症状が出たら使用を中止しましょう。

 

マルガレッタには、30日間の返金保証制度もあります。

 

マルガレッタの成分で副作用があるとすれば?

 

マルガレッタの成分で副作用が起こるとすれば「プラセンタ」「マカダミアナッツオイル」「植物由来成分」です。

 

それぞれどのような副作用が考えられるのか見ていきましょう。

 

・プラセンタ

動物やヒトの胎盤が原料のプラセンタは、皮膚にむくみや炎症などの症状が出る人が稀にいます。

 

・マカダミアナッツオイル

ナッツ類にアレルギーがある人は注意しましょう。

 

・植物由来成分

オレンジ果皮油には光感性があり、使用後直射日光に当たらないように注意が必要です。

 

その他にも、植物由来成分にアレルギーがある人は使用しないようにしましょう。

 

マルガレッタ成分は安全?どんな効果があるの?トラネキサム酸、プラセンタ、敏感肌など

 

マルガレッタは、シミやソバカスなどの肌悩みを解消するオールインワンゲルです。

 

そこで気になるのは、マルガレッタの中にどのような成分が入っているのかということですよね。

 

いくら効果があるといっても、安全なものでないと毎日使うのが怖いですよね。今回は、マルガレッタの安全性を一緒に確認していきましょう。

 

マルガレッタにはどんな成分が入っていてどんな効果があるの?

 

マルガレッタには、シミに効果があると認められている有効成分「トラネキサム酸」と「プラセンタ」が入っています。

 

その他にも、6種類の美容成分や5種類の植物由来成分が入っていて保湿効果や、肌のターンオーバーを整える働き、紫外線などの外的ダメージから肌を守る効果があると言われています。

 

マルガレッタの主成分トラネキサム酸とプラセンタは安全?

 

トラネキサム酸は、もともと止血剤や喉の痛みを抑える内服薬として使われてきましたが「シミや肝斑の予防・改善効果がある」ということが分かり、近年様々な基礎化粧品に使用されるようになりました。

 

トラネキサム酸を内服する場合は副作用などが出る人もいますが、肌に塗る分には副作用はほとんどないことが分かっています。

 

プラセンタは、哺乳類の動物やヒトなどの胎盤から抽出する成分なので感染症などを心配している人もいるかもしれませんが細菌やウイルスなどのチェックを厳しく行っているので心配ありません。

 

マルガレッタの美容成分は安全?

 

マルガレッタの美容成分は、6種類でコラーゲン・スクワラン・ホホバ油・マカダミアナッツオイル・メドウフォーム油・NラウロイルLグルタミン酸ジが入っています。マカダミアナッツオイルは、ナッツアレルギーがある人はアレルギーに注意した方がいいかもしれません。

 

マルガレッタの植物由来成分は安全?

 

マルガレッタには、ダイソウエキス・カンゾウフラボノイド・オウゴンエキス・アルピニアカマツダイ種子エキス・メマツヨイグサ抽出液という5種類のハーブが入っています。これらの成分でアレルギーが出たという人はいないのでご安心ください。

 

それから、マルガレッタの香りの成分は6種類の天然のアロマ成分です。オレンジ果皮油・ローズ油・イランイラン花油・ラベンダー油・ローズマリー油・ゼラニウム油です。アレルギーがない人には無害なものなので安全です。

 

敏感肌でも大丈夫?肌に悪い成分は入ってる?

 

マルガレッタには、エタノールや合成着色料・香料、シリコンやパラベン、鉱物油、紫外線吸収剤や界面活性剤などが入っていないので敏感肌の人でも安心してお使いいただけます。

 

まとめ

マルガレッタを使って副作用が出たという声は見つかりませんでしたが、プラセンタやマカダミアナッツオイル、植物由来成分などにアレルギーがある人は皮膚や体の内部に症状が出る可能性があるので使用を避けた方が安心です。

 

また、肌に異常が出ないかを事前に確認するにはパッチテストを行うのが効果的なので、皆さんも顔に塗る前に二の腕で試してみることをオススメします。

 

マルガレッタの成分を詳しく見ていきましたが、シミに効果がある有効成分や美白成分、美容成分、植物由来のどれもアレルギーがない人には無害で安全性が高い成分を使用しているということをお分かりいただけたでしょうか?

 

エタノール(アルコール)や、パラベン、鉱物油など余計なものを含んでいないので敏感肌の人でも安心です。ぜひ試してみてくださいね。

 

マルガレッタ妊娠中でも使える?

 

妊娠中は、体だけでなく肌もデリケートな時期です。「妊娠中からシミが増えた」という人や「敏感肌になった」という人が多いのは、ホルモンバランスの影響です。

 

そこで今回は、産後のシミに効果的だというマルガレッタは、妊娠中でも使えるのかどうかを見ていきます。

 

マルガレッタは妊娠中でも使えるの?

 

マルガレッタは、シミへの効果があるオールインワンゲルです。

 

妊娠中にシミが増えたと感じる女性が多いのは、女性ホルモンの影響でシミの原因であるメラニンが生成されやすいからです。

 

マルガレッタの成分は、以下の通りです。

 

口コミなどを見ていると、妊娠後期の人が「使っている」と言っていました。

 

ただし、本当に使ってもいいかどうかは医師や薬剤師に確認してからの方が安全です。成分は以下の通りです。一度確認されることをオススメします。

 

妊娠中に避けた方が良い化粧品の成分とは?

 

妊娠中は、食べ物や飲み物など直接口に入るものだけでなく「肌につける物も慎重に選んでいく」という姿勢が大切です。

 

妊娠中に避けた方が良い化粧品の成分としては、エタノール(アルコール)やパラベンなどがあります。

 

エタノールは、アルコールなので肌や吸い込んだ時に肺などから体内に入ってくる可能性があるので注意しましょう。

 

パラベンは、体内に入る量が多くなると胎児の成長に影響があるので気をつけなければなりません。

 

また、天然由来の植物オイルの中には妊娠中に子宮を収縮させるものもあるので「オーガニックだからといって全て安心ではない」ということも覚えておきましょう。

 

最後に美白成分で注意すべきはハイドロキノンです。シミへの効果が高く注目している人も多いですが、胎児への毒性が認められているのでご注意ください。

 

まとめ

妊娠中は、女性ホルモンの影響でシミが出来やすい時期です。

 

マルガレッタは妊娠中の人でも使っている人がいますが、医師や薬剤師に成分などを見てもらってから使うということをオススメします。

 

妊娠中に避けた方がいい成分もまとめておきましたので、ご参考ください。

 



>>マルガレッタオールインワンゲル公式サイトはこちら!

▼マルガレッタ公式サイトはコチラ▼

全額返金保証付きです★



★マルガレッタが無料で貰えるチャンス!★


絶対に知っておきたい美容情報が満載!今すぐお友達登録してみてくださいね^^